トップページ


         令和時代と霊和時代 (REIWA JIDAI)

 令和時代に入ってからはちょうど一か月になりました。令和を霊和と書き聖霊がもたらす賜物である愛、平和、喜び、寛容,親切、善意、誠実、柔和、節制を人々の心に豊かに注がれる新しい時代を心から願います。

 新心 新霊我らの内に (Shinshin Shinrei Warerano Uchi ni)
 神心 神霊我らの内に (Shinshin Shinrei Warerano Uchi ni)
 新心 新霊すべての人に (Shinshin Shinrei Subeteno Hito ni)
 神心 神霊すべての人に (Shinshin Shinrei Subeteno Hito ni)

 新しい心と新しい霊、神の心と神の霊、私たちの内にまたすべての人の内にもあるように、皆さんと共に祈ります。

 全世界のイエズス会は四項目の「普遍的使徒的優先課題」 (Universal Apostolic Preferences)を選び発表されました。以下の通りです。

1. Helping people find Jesus Christ and follow Him.
2. Walk alongside the poor, the vulnerable, the excluded and those whom society considers       worthless, in a mission of reconciliation and Justice.
3. Work, with Gospel depth, for the protection and renewal of God’s Creation.
4. Accompany young people in the creation of a hope-filled future.

1.人々は主イエス・キリストを見いだし、主に従うことができますように助ける。
2.排除された人々、苦しむ人々、傷つけられた人々などと共に歩み,和解と正義の使命をイエス様の精神で  いきる。
3.私たちの共有の家である地球を守り、被造物すべてのために働く。
4.若者と共に歩み、若者たちがキリストを知り、愛されゆるされていることを感じ、希望に満ちた未来を切  り開けるように関わる。

 「ともに喜びをもって福音を伝える平和の使徒となる」と言う教区目標とイエズス会の優先課題をこころに留めながら新しい一年度と新しい令和時代を歩みたい。

                                          Fr.アレックス


    ➡本文印刷はこちら

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ※新(9/2更新)・2019年9月~10月黙想のお知らせ

   ※新(9/7更新)巡礼者イニゴ第32話連載しました。


   

 

目的

  • 祈りの体験を通して、信仰に基ずく深い人間的、霊的成長を望む人々のニーズに応える
  • キリスト教的霊性を深める道を探し、信徒、修道者,司祭がともに協力しながら祈る教会としての姿を求める
  • 広島(要請委員会・霊性委員会)の活動に協力する。
  • イグナチオの霊性に親しむ。
  • 信徒の方々に合う祈り方、瞑想などを体験し、東洋の霊性と瞑想の場を提供していく。