こ挨拶


 聖霊降臨、三位一体、キリストの聖体の主日を迎える教会は、私たちは、キリストを生きる個人、共同体になるために招かれています。「あなたがたの上に聖霊が下る時、あなたがたは受ける神の力」と歌いながら祈るのが好きな私ですが、聖霊の導きと助けで今まで歩んで来ました。長束霊性センターに来てから5年間になりました。沢山の方々と出会った恵みに満ちた5年間でした。心から神様にも支えてくださった皆様にも感謝いたします。

 教皇フランシスコの日本・広島訪問から半年になりました。個人、共同体、教区のために新しいあり方を示した「平和のための集い」は感動的でした。広島県、広島市、諸宗教の代表者などが、灯したロウソクの火を象徴する神様を思いながら沈黙して祈りました。集また人々は皆、あらゆる違いを超えて、心と思いを一つにして沈黙して祈ったとき体験した一致と連帯感は超感動的でした。教皇フランシスコは示した模範を見習って「平和のための集い」を広島教区のあらゆる場所で広げていきたいと思います。ともに喜びをもって福音を伝える教会へ、新しい熱意、新しい手段、新しい表現をもってキリストの救いの喜びを伝える教会へ、すなわち私たちへ刷新できるように聖霊が助けてくださいます。

 教皇フランシスコの祈りをここに紹介します。        Fr.アレックス


 ※川は自分の水を飲みません
  木々は自分の身を食べません
  太陽は自分自身を照らしません
  花々はその香りを自分自身に向けて流しません
  他者のために生きることが自然界の法則です
  私たち皆 互いに助け合うために生まれてきました
  それがどんなに難しいことであっても・・・
  あなたが幸せなら あなたの人生はすばらしい
  しかし あなたのおかげで他の人々が幸せになるなら
  もっとすばらしい

  だから次のことを忘れないでください
  刻々と変わる葉の色は美しく
  刻々と変わる人生の境遇には深い意味があるということを
  これらを悟るにはしっかりとした眼力が必要です

  だから不平不満を言わないで
  代わりに次のことを心に刻みましょう
  痛みを感じることは私たちが生きている証拠です
  難題に立ち向かうことは私たちが強い証拠であり
  祈りをすることは私たちが一人ではない証しです!
  もしこれらの真理を理解し
  そして私たちの心と知恵を整えられるなら
  私たちの人生はもっと意味のある 違ったものに
  そしてもっと価値あるものになるでしょう!※
        
    ➡教皇様祈り印刷はこちら


    ➡本文印刷はこちら

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ※(6/5更新)6~7月黙想のご案内

   ※(6/16更新)イニゴの部屋3部・巡礼者イニゴ39

   

目的

  • 祈りの体験を通して、信仰に基ずく深い人間的、霊的成長を望む人々のニーズに応える
  • キリスト教的霊性を深める道を探し、信徒、修道者,司祭がともに協力しながら祈る教会としての姿を  求 める
  • 広島(要請委員会・霊性委員会)の活動に協力する。
  • イグナチオの霊性に親しむ。
  • 信徒の方々に合う祈り方、瞑想などを体験し、東洋の霊性と瞑想の場を提供していく。