こ挨拶


祈りについて ① <み言葉を食べる>

主なる神はエゼキエルに言われた。
「あなたは巻物を取って食べなさい。」
巻物とは当時の聖書。食べるのは(みことば)。
食べると口に甘かった。 主は言われた。
「行って、私の言葉を彼らに語りなさい。」
            (エゼキエル 2:8~3:4)
み言葉を食べること。毎日食べること。丸呑みでなく、
噛んで噛んで食べること。ごはんや肉や野菜と同じく。
その時、み言葉は消化され、霊となって体中に行きわたる。
そして、中から活かしてくれる。
その時、人は神とともにあることを知るのである。
                     清水 弘 神父
  

   →本文印刷こちらから

 


   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    お知らせ・10月~11月の黙想案内(10/5更新)

   ※ イニゴの部屋5部・48新連載しました(9/9更新)

   ※ ご案内・・・黙想申し込みの正式申込書印刷こちらから出来ます。

   

目的

  • 祈りの体験を通して、信仰に基ずく深い人間的、霊的成長を望む人々のニーズに応える
  • キリスト教的霊性を深める道を探し、信徒、修道者,司祭がともに協力しながら祈る教会としての姿を  求 める
  • 広島(要請委員会・霊性委員会)の活動に協力する。
  • イグナチオの霊性に親しむ。
  • 信徒の方々に合う祈り方、瞑想などを体験し、東洋の霊性と瞑想の場を提供していく。