祈りについて

祈りについて(2)
本の紹介
『魂をもてなすー霊的同伴への招待』  2021.12.10 第一刷
著者 中村佐知  出版社 あめんどう  ¥1,700+税
著者は米国在住 プロテスタント 認知心理学者 翻訳家
神とのより親しい関係を希望する人のためのガイドブック。
そのための支援を求める人を日同伴者、求めに応じて神との関係を
深めるべく手助けをする人を同伴者と呼び、両者の関係を説明する。
具体的で、わかりやすく、しかも深い洞察に満ちている。
おすすめします。    
           清水 弘神父


   →本文印刷こちらから

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ※祈りについて・・・(1/16更新)

   新※1月の黙想⇒1/15・1/22(土)、ロザリオの祈り、一泊ヨガ、

     まん延防止重点措置のためキャンセルになります!

   ※2/5(土)アルペ神父列福祈願ミサは中止となりました。

   ※ ご案内・・・黙想申し込みの正式申込書印刷こちらから出来ます。

目的

  • 祈りの体験を通して、信仰に基ずく深い人間的、霊的成長を望む人々のニーズに応える
  • キリスト教的霊性を深める道を探し、信徒、修道者,司祭がともに協力しながら祈る教会としての姿を  求 める
  • 広島(要請委員会・霊性委員会)の活動に協力する。
  • イグナチオの霊性に親しむ。
  • 信徒の方々に合う祈り方、瞑想などを体験し、東洋の霊性と瞑想の場を提供していく。